港区在勤・26才兼業主婦のわくゆめ☆ブログ

結婚2年目・妊活2年目・仕事・家庭・趣味・病気のこと

26年生きてきた中での病気を赤裸々公開。婦人病や鬱など。

 

 

こんばんは、わくゆめです。

めちゃくちゃ寒いですね!

今朝は、夫と一緒に病院に行ってきました。

 

今日は、私の病気の既往歴を紹介します。

私の持病を知って、誰の、何のためになるかわかりませんが(笑)

 

 

 

1.花粉症

 

中一くらいから発症!

とにかく花粉の時期は、目のかゆさが異常です!

鼻水も本当に止まらないです。

アレジオンやエバステルを飲み、点眼薬もしますが気休め程度。

頭がおかしくなりそうなほどつらいです。

花粉症の薬がちゃんと効く人って、いるんでしょうか。

 

中高とオーケストラ部でトロンボーンを吹いていましたが、

鼻水が絶えず出てきて、練習がとても大変だった苦い思い出があります。

 

 

 

2.卵巣嚢胞(子宮内膜症)

 

高二くらいから生理痛・生理時の胃痛がはんぱなく、

最初は原因不明で随分苦しみました。

 

卵巣嚢胞が発覚してから、ピルやゾラデックス(ホルモン注射)、

スプレキュア(ホルモン点鼻薬)などなど試しましたが

すべて効果がなく(副作用がつらすぎるだけ)

社会人一年目で腹腔鏡手術を行い左右の卵巣嚢胞を取りました。

 

術前術後は、ディナゲスト生理を止めていました。

ディナゲストが唯一副作用があまり出ず、

私には合っている薬でした。

 

ディナゲストを辞め、妊活を始めてからまた再発してきています。

今も毎月生理のたびに、一日6回に分けて

ロキソニンブスコパン漢方薬をずらして飲み、痛みを抑えています。

 

 

 

3.帯状疱疹

 

小学校高学年のとき右頬にでき、それ以来数年に一回

同じような場所に再発します。

 

痛がゆいですし、ほっておくと広がってきて見た目も気持ちが悪いです。

一度なると、疲れがたまったときや免疫力が落ちたときに繰り返すみたいですね。

 

私は塗り薬しか使ったことがありませんが、飲み薬もあるんですよね。

 

 

 

4.痔(笑)

 

これも、小学校高学年くらいで初めて発症。

ひどい便秘の末になって腫れてしまい、とてもびっくりしました。

塗り薬を毎日塗っていましたが、なかなか治らず怖かったです。

結局「力むことをやめる」ことでなんとか抑えられることを発見(笑)

 

今でも力みすぎるとなりかけますが、

基本的には「力まない」を徹底すれば大丈夫です。

もし出産することが今後あれば、

そのときは絶対に痔になる自信があります。

今から恐ろしいです・・・

 

 

 

5.鬱状態(適応障害)

 

社会人一年目から二年目で、7ヶ月間休職した経験があります。

家族や恋人(今の夫)、友人や職場の方々のサポートと理解のおかげで

同じ職場に、8割勤務から始めて完全復帰しています。

休職中は家から一歩も出られない時期もあり、本当につらかったです。

 

デパスやレクサプロを、復帰後しばらくも飲んでいましたし、

復職後二年弱ものあいだ通院は続けていました。

初期は睡眠薬も飲んでいましたね。

今は通院はなし、薬も一切なしでも平気になっています。

ただ、精神的・体力的に無理をしないようにかなり注意を払っています。

 

 

 

大きなものは以上です。

こう書いてみると、すごくヤバイ人みたいですね(笑)

 

病気はつらいですが、つらい思いをすることによって

人の痛みが想像できるようになったり、

周りにいてくれる家族・友人のあたたかさに気付けたりしたなぁと思います。

 

どれも、何かしら現在進行形で闘っているものですが、

良いお医者さんと出会うことが大切だと痛感しています。

また、心と体はつながっていて、

運動で体を鍛えることは心の健康にとって

本当に大事だと思います。

 

だから私は、最近はまっているピラティスをがんばります♡